メンズ下着とは

メンズ下着というと皆さんはどのような下着を思い浮かべますか?

一般的に、トランクス派、ブリーフ派などの2大派閥が以前は主流であったと思いますが、今ではそれに類似したものから、全然違うタイプの物まで、種類が増えてきました。

女性の下着は、ブラジャーやパンティーに多くの種類があり、気分や用途で手に取る下着が変わるように、近年メンズ下着も種類が増えてきました。色も形も様々で、生地によって履き心地もかなり違います。Adamでは下記の商品を多数取り揃えています。

  • MensBrassiere/メンズブラジャー

    男性も胸をブラジャーでサポートすることで、安心感が増す、やさしくなれるなどの理由から人気が出てきています。
    男性用ブラジャーはカップが浅く縫製され、脇部分が幅広なものが多くしっかりサポートしてくれるため、男性の体にもぴったりとフィットします。 少しボリュームを持たせたいパット入りやアンダーワイヤー入ブラ、アウターに響きにくいパット無しやノンワイヤーの締め付けが少ないリラックスタイム用など、用途に合わせて様々なタイプがあります。

    メンズブラジャー

  • Trunks&Shorts/トランクス&ショーツ

    年代を問わず、幅広く愛用されている下着です。ウエスト部分はゴムですがその他締め付けが少ないため、楽チンにきこなしていただけます。部屋着としても利用されます。
    英語のTrunksはボクサー、ボクサーブリーフタイプの事を指すそうで混同しないように注意が必要です。

    メンズトランクス、メンズショーツ

  • Boxer&Boxerbrief/ボクサー&ボクサーブリーフ

    収縮性のある生地を使用されることが多く、体にぴったりとフィットする構造となっています。腿を覆う長さがありアウターの中でゴワつくことはありません。ボクサー、ボクサーブリーフの明確な違いはなく、メーカーによって呼び方はバラバラなようです。股下部分の長さは短い物から長い物まで多くの種類があります。近年股上が短いローライズの人気も上昇しています。

    ボクサーブリーフ

  • Brief/ブリーフ

    股下を短くした下着です。フロント部分に余裕を持たせた作りになっています。収縮性の生地が使用されることが多く、体にフィットし、足を動かしやすいことからスポーツ用としても人気です。近年ファッション性の高いセクシーなものが増え、ビキニに形が近くなってきています。縫製によって男性自身を大きく見せるような工夫が施されて人気が上がってきています。

    ブリーフ画像

  • Bikini/ビキニ

    ブリーフよりもさらに逆三角形に近い形で、フロント、バック共に生地が小さくなっています。腰回りもブリーフに比べ細くなっています。一般的にはフロントボタンや腰ひも調整等は付いていないく、さらりとセクシーに履いていただけます。

    メンズビキニ

  • Thong&Tanga&G-String/ソング&タンガ&Gストリング

    ソングのフロントは見た目逆三角形で、ビキニのように見えますが、バックは必要最小限の生地で、ヒップの大部分が露出している形です。日本ではTバックスタイルと類似しています。Gストリングはバック部分が伸縮性のある紐のみで構成されています。
    タンガはバック部分も逆三角形の形でヒップが覆われていて、サイドも紐状よりは幅広いタイプになっています。
    ソング、タンガ、Gストリングはアウターに響きにくく、ゴワつきがないという特徴を持っており、タイトなパンツを履くときなどに多く利用されます。ローライズパンツから魅せるTバックスタイルの下着もセクシーで人気がでてきています。

    メンズソング、メンズタンガ、メンズGストリング

  • Jockstrap/ジョックストラップ

    元々はスポーツ用に発売された下着です。伸縮性のウエストバンドにサポートポーチが付き股下ポーチ先端からウエストバンド左右にバックストラップがついています。ヒップは生地で覆われておらず、バックストラップでサポートします。ポーチは男性自身をサポートし、摩擦や揺れから守ります。マリンスポーツでは砂が溜まらないなどの利点があるようです。ファッション性の高いジョックストラップも出てきて、ムレナイなどの理由もあり通常の下着としても利用されるようになってきました。

    メンズジョックストラップ

  • Enhancer&Ring/エンハンサー&リング

    装着することで男性自身の角度を上げ、ボリュームアップして見せる事が出来ます。上から下着を着用することでサポーター的役割もはたします。

    メンズエンハンサー